名刺交換のマナーで大切なことは?

社会人としては基本中の基本ですが、名刺交換のマナーを皆さんは知っていますか?名刺交換は商談の際の入り口であり、ビジネスマナーにおいて基礎的な部分です。

社会人として恥をかかないためにも、正しい名刺交換のマナーについてチェックしましょう。

名刺はビジネスマンにとって非常に重要なツールであり「顔」そのものです。自分の名刺を渡すことももちろん大事ですが、相手の名刺をどういう風に扱うかが非常に重要です。

名刺交換の基本は、まず相手側に文字が向くように名刺を向けること、交換の場合は立場が下だった場合は相手の名刺よりも低い位置から交換すること、名をもらったら名刺入れの上に置いて決して相手の名刺をぞんざいに扱わないこと。これが大事です。

相手に名刺を渡す場合のNG行為は、しわや折れ曲がった名刺を渡さないこと、きちんと名刺入れを持っておくこと、相手の顔をみて名刺交換をすること、などです。

名刺を交換できるということは、相手がこちらにきちんと向き合ってくれているということです。

もらった名刺も、自分の財産となるので、名刺入れを用意してきちんと保管するようにしましょう。

名刺作成のmeishi21


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>